新しい都議会議員と気候危機を回避するには?

2021年7月4日(日)投開票の東京都議会議員選挙から、早2週間が経過しました。

わたしたち有権者が、今回の都議選で選んだ127名の「都民の代表」者たち。

4年間の任期中、彼らは都議会を通じて、執行機関である都庁とコミュニケーションをとっていきます。

その任期中、新しい「都民の代表」者たちと一緒に、気候危機を回避するにはどうしたらよいのでしょうか?

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンさんのブログに詳しくまとめられてますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

なお、今後のゼロエミブログ記事投稿では、都議選で当選した議員の「気候危機」アンケートの回答率や、各当選議員の気候変動対策について、都議会ウォッチのノウハウ、自治体アクションのノウハウ等も発信していく予定です。

次回以降の更新も、どうぞお楽しみに!

気候危機回避へ動こう、今すぐ

「ゼロエミッションを実現する会」では、自治体アクションに関心ある皆さんのご参加をお待ちしています!

あなたも、在住/在勤自治体の気候変動対策強化に取り組んでみませんか?
いままで活動に取り組んだことのない方でも、もちろんウェルカム!大丈夫です。
「ゼロエミッションを実現する会」には、たくさんの仲間がいます。
ぜひぜひ皆さんのご参加リクエストをお待ちしています。


◎一緒に活動しませんか?

ゼロエミッションを実現する会では、市民からの自治体・議会へのアプローチを行っています。
今まで取り組んだことのない方でも大丈夫。

「ゼロエミッションを実現する会」には、たくさんの仲間がいます。
ご参加リクエストをお待ちしています!

Slackは、地域別チャンネルを中心に具体的なアクションを行うコミュニケーションツールです。

Facebookグループは、アクションのための情報交換を行うグループです。

記事がよかったらシェアしてください
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Email this to someone
email

Scroll to Top